市民オンブズマンつくばみらい改め 劣化と失調

アクセスカウンタ

zoom RSS 守谷市選管に異議申し立て

<<   作成日時 : 2008/08/08 18:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

守谷市選管に異議申し立て
画像

           守谷市役所


         
     異議申立書  
守谷市長  会田真一殿
                                            平成20年8月8日
             つくばみらい市伊奈東
            市民オンブズマンつくばみらい事務局   ××××
先の、市政情報任意的公開回答書(守谷発第773号、平成20年7月17日)で、選挙葉書の公費負担を受けた、候補者の名前と差出・発送通数が公開できない理由として「郵便事業(株)との協力関係又は信頼関係が損なわれるおそれがあるため」という事であるが、請求者の目的は、市議選に於いて不正な公費請求が行われたという疑惑に関し、収支報告の精査から真実を報告すべき(公選法189条)収支報告書に、葉書印刷代が計上されていない事を糾すものである。

 収支報告書に葉書代を計上しなかった候補者は立候補22名中次の5氏である。神宮栄二、山田清美、松丸修久、酒井弘仁、0000(敬称略)  他に選挙終了後15日以内(189条)に報告せよとあるのに3ヶ月以上も経ってから(請求人の指摘を受けてか)報告書に領収書を添付し、訂正した候補者がいると聞いている。

同じく公選法188条には〜領収書その他支出を証明すべき書面を徴さなければならない、とあるのだから領収書が添付されていなければ、作成されていないか、作成したのに虚偽の報告をしたかのどちらかである。
先に開示を受けた(選管のご厚意によって、お情けで?)通常葉書発送一覧には氏名が空欄になった20名分の35,099通の郵便会社からの請求明細があるのであるから葉書印刷代を計上、報告していないのに郵送料は市に負担させた候補者が複数いたことは明らかである。

20名のうち一番少ない発送枚数でも687枚であり他に768枚、1366枚の合計3名を除けば残りの17名は1500枚以上を発送しており、仮に手作り、パソコン、プリンタで作っても用紙、インクカートリッジなどは費用として計上しなければならない。 用紙、インクを計上している候補もいるが、請求者の直接の問い合わせに神宮栄二氏のみ作成していないとの返答があったが他は応答しない。(因みに、横須賀市の藤野英明議員は19年7月の選挙で、公費負担分ポスター以外の自費で作成した葉書の用紙、インク代等i印刷経費を約2万5千円と計上・報告している)

公選法には  報告書の調査に関する資料の請求と言う、193条があり、(189条の)報告書の調査に関し必要があると認めるときは、公職の候補者その他関係人に対し、報告又は、資料の提出を求める事ができる、とあるのであるから、この場合、選管が郵便会社は勿論、候補者、収支報告書提出責任者、印刷会社等「関係人」に経緯を糺し請求人に開示するよう要求する。 
画像

 更にこの事はポスター代に葉書印刷費を混入して市に不正に請求したかも知れない疑惑と関連するので葉書発送枚数が2千枚であって作成枚数報告が2千枚であれば1枚の書き損じ、無駄、紛失、余剰等もなかった事になり常識的には考えられない事である。郵便会社の選挙の手引には「差し出し窓口で、汚損する事があるので」余分に持参するようにとあり、選管の注意にも「印刷を誤り、書き損じ、毀損したものは」新たに表示を受けることができるとある。(つくばみらい市の場合・及び公選法の規程)
画像


画像


守谷市では先の発送一覧で2千枚を差し出した候補者が10名いた事が既に判っているのであるから一枚の書き損じもなかったのか、収支報告に真実の枚数が記載されていたか合わせて「関係人」からの資料提供を求めて調査し、請求人に開示されるよう求める。
画像





       「選挙公営制度を考える」 
    
      市民オンブズマンいばらき・県南ブロック学習会

情報公開を通じて行政と議会の現状を考えます。市民オンブズマンいばらきは5月6月と連続して市議選、県議選の選挙費用公費負担について住民監査請求を提出し、不正と思われる部分の返還を求めました。その監査結果を踏まえ、選挙公営制度の現状とその劣化について報告します。
岐阜県山県市、日進市、和歌山市、美濃市、名古屋市などで選挙カーの燃料費水増しや、ポスター代の不正請求などが判明して公費返還や、報告訂正などとなって問題化しています。    地方議会に選挙公営制度は必要なのか?   必要であればどうすれば不正な請求を防げるのか?     市民に何が出来るのか?
10月にはつくば市長選・市議選もあります。

選挙公営制度を考える学習会

日時   08年8月23日(土)  午後1時30分〜4時30分   参加費無料

場所   土浦市生涯学習センター・土浦駅前ウララ5階 (駐車場近隣にあり・有料)
   
       1・30    開会          
       2・00〜    監査請求報告    
       3・00〜    各地事例研究
       3・30〜4・20 質疑応答
       4・30     閉会


主催   市民オンブズマンいばらき・県南ブロック

当日参加歓迎、しかし事前に連絡頂ければ資料準備の都合上助かります。

「市民オンブズマンいばらき」県南ブロック主催・・・文書参加歓迎

問い合わせ・ 市民オンブズマンいばらき」事務局・ 029−824−5526

問合わせ  山田 稔 tel/fax 0297-58-7185 (8〜20時頃) つくばみらい市伊奈東34−270









月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

暑い日が続きます。

役所は前例が無いと身動きが取れなくて、本来しなければならない大切なお仕事が、ちくらっぽに状態になってしまうようです。

臨機応変に皆の組織の為に日々周到に準備し、難問・奇問に迅速・明快に答えようなんていう気概やプライドは無く、役職に就く事がお仕事のように理解し、素直に実践してしまっているのにも困ります。

そんな有様ですから、事の事態を予測し、事件・事故にならぬよう未然に手を打つような先見の明の精神を発揮したようなこともあまり聞き及びません。

この度の異議申立ても「オメ〜ラ何でこんなもの出したんだ!いづもと同じにやったのに何が悪いんだ!」何て言われそうです。

組織が動脈硬化し、本来の機能が見込めない機能不全状態を
司令塔トップのおじちゃんが見抜けないのでは多くの住民は
不憫です。

行政の多くの特権を持っている方々は本末転倒にならぬようその正宗?を効率的・合理的に執行し、その経過を公開しながら「オレの仕事は凄いだろう!オメ〜ラにオイラ真似がでぎっか?!」と自身の中でほくそ笑んで頂きたいものです。
割れ鐘です。
2008/08/09 09:07

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

マイリンク集

  • 常総元気塾問題を考える、ひつじの日記
  • 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏による情報  小出裕章(京大助教)非公式まとめ
  • 浦安市民の情報交換ブログ
  • 市民オンブズマンいばらきブログ
  • 守谷市選管に異議申し立て 市民オンブズマンつくばみらい改め 劣化と失調/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる