市民オンブズマンつくばみらい改め 劣化と失調

アクセスカウンタ

zoom RSS 愛なくば・・・・・・

<<   作成日時 : 2012/06/11 23:08   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 1

老人は先日69歳になった。もう何時お迎えが来てもおかしくない年齢だ。  ところが凡人である身には避けられないことだが今に至っても愛とか誠実とか名誉とかが判らないでうろうろしている。多分一生判らないまま死ぬだろう。

最近タバコ問題情報センターというところが出している『禁煙ジャーナル』というミニコミのコラムで向田邦子さんについて書かれた文章に痛く感動した。  筆者は漫画家の高信太郎さんで、生前の向田さんに触れて、向田さんの妹さんが提供した資料から、向田さんとその恋人がお互いが自分の事は差し置いて相手の事ばかり心配していたという話を、番組に作ってNHKが放送した、というものでした。   妹さんはどうしてもこの事を多くの人に知って欲しかった、向田さんの恋人はカメラマンだったと。

そのあと高信太郎さんは続けます。

『彼の撮った向田さんに思わず息をのみました。何という美しさ!向田さんのドラマに出演したどの女優より、はるかに上です。愛なくしては撮れない写真でした。』


老人は、己も創作家芸術家である方が違うジャンルの写真を見て、愛なくしては撮れない、とまで評価する向田さんの写真を見たいと思いました。武士が互いの力量を喝破して静かに認めながらすれ違うというのは映画にも表現されるシーンですが漫画家として一家をなした方がそれ程に感動した写真があるというのは素晴らしいことです。愛なくしては撮れない、そこに溢れる愛が感じられる、という事に老残の身でありながら感動します。

 高さんのお話は森繁やカメラマン氏を含む周辺の人から、向田さんは受動喫煙被害を受けていたかもしれない、として終わります。

 『禁煙ジャーナル』の申し込みは→ タバコ問題情報センター




最近ロバート・パーカーの『愛と名誉のために』を再読した。当時なぜこの小説に感動したのかすっかり忘れていた。今回文庫本の解説を読んで、改めてそういうことではなかったかと思い出した。

解説の馬場啓一さんは言う。

「ボーイ・ミーツ・ガール」の恋愛小説のパターンを借りながらここで作者が表現したかったのは、男女を超越して自己をどのように鍛え、理想の人格に作り上げるかであり、パーカーはこれを丹念に描き、成功している。この作品が恋愛小説でありながら、圧倒的に男性読者の共感を呼んだ理由はここにある。これは恋愛小説なんかじゃないわ、という女性読者がいるであろうことも、だから当然想像できる。これはそういう小説である。自分が選んだ女性を恋愛の対象と考える時、自分の至らなさを補うために様々な努力をし、相手に相応しい人間になろうと頑張るのが男であるし、絶対そうでなければならない。パーカーの言いたのはこういうことである。」



人を愛したなら、その人に相応しい自分であるために人は廉直でなければならない。軟弱であってはならず、卑怯であってはならず、卑屈であっても怠惰であっても偏狭であってもいけない。それは言うほど容易い事ではないが老人の様な小者、凡人でさえ遠い過去のどこかでそういう熱い感情を持ったことが確かにあったのだ。その記憶が鮮やかに甦って来るたびに他方でボケが進行し殆ど頭蓋の全部を暗黒に染め上げようとしていることに愕然とするのではあるが。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
夢でも卒煙?
最近はタバコを吸う夢も見なくなったようだ。昨年までは数カ月に一度くらいの割合でタバコを吸ってる夢を見ていた [げっそり/]思うことはいつも同じで、「あ〜、俺って止められなかったんだなぁ」とか、「簡単に... ...続きを見る
禁煙中
2012/06/12 20:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
 『愛と名誉のために』ですか。
 たまに、このブログの本線から外れた話題もよいかもしれませんね。
 
 以前、ここで、映画『真昼の決闘』の事が紹介されていましたよね。
 面白そうだったので、探してきて観たら、とても価値のある映画だと思った事がありました。
 今回の小説も、図書館で眺めてみようかな。
 
 話は変わって、記事の内容と関係の無い話で恐縮ですが、ここのブログでも何度か取り上げられていた桐生市議会の庭山さんが、多数議員により「除名」の決議をされてしまいましたね。
(山田さんは、庭山さんの議会報告会かなにかに参加したとか書かれていたような気もするのですが、違いましたっけ?)
 
 今回の「除名」は、法令に照らし合わせて見れば、明らかに瑕疵のあるものなので、裁判に持ち込めば、ほぼ間違いなく覆ると思われるのですが、知事の審決も経なければならないので、かなり大変でしょう。
 
 本人の昨日のブログに「このような不正義と戦い続けることが役目と信じています」と書かれているので、今後の動きに注目しているところです。
 
窪田
2012/06/21 19:56

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • 常総元気塾問題を考える、ひつじの日記
  • 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏による情報  小出裕章(京大助教)非公式まとめ
  • 浦安市民の情報交換ブログ
  • 市民オンブズマンいばらきブログ
  • 愛なくば・・・・・・ 市民オンブズマンつくばみらい改め 劣化と失調/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる