市民オンブズマンつくばみらい改め 劣化と失調

アクセスカウンタ

zoom RSS 取手市 公共施設等利用料使用料説明会

<<   作成日時 : 2016/10/27 00:29   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

取手市の 「公共施設等利用料説明会」 を途中からではあるが傍聴した。現職・元職市議数人を含めて60人ほどの参加者があり、熱心な質問や意見が市側説明員に浴びせられた。
〇個人での利用は200円から400円でも月数回の負担だろうがテニスのような協会団体の利用は年百万円単位のものになり50万、百万単位の負担増になって協会、競技団体の維持も難しい面が出てくる。高齢者や高校生がスポーツや外に出て動くことは医療費削減にも地域健全化にもやがて波及して貢献している。 12月議会で決まれば即4月から実施、余りにも拙速だ。1年位かけて説明されるべきだ。 陳情や請願の手続きは議会開催の2週間前までで間に合わない。

〇利用区分で12時から3時、3時から6時とするようだが、午後3時から6時というような設定は現実的でない。家庭の主婦は昼飯夕飯の支度もある、12時から利用するような時間帯はおかしい。

〇これまでのような利用者があれば手数料・使用料 の値上げで約8000万円ほどの収支改善になるという計算らしいが、他方でウェルネスタウンのような20億もの不明朗な財政支出を採用して置いて市民、利用者にツケを回すのは納得できない。

理事者〇 これまでで年間20億人件費削減して来ている。市税は減っているし、扶助費が倍になっている。そういう全体を見てやってきているので理解してほしい。


〇まず議員報酬1割や職員給与1%を削減せよ、という発言もあったが、職員給与を削減しろとは言ってない。役所の中に非正規アルバイトが増えている、仕事量が増えて大変だ。職員と市民は対立すべきものではない、寧ろ人件費は上げるべきだ、しかしその為にも職員は、職務に精励し、効率化を考えなければならない。

〇財政の事は知らない、ピアノなど公共的なものを借りて歌ったりするのが健康に良いと思ってきた。しかし借りるのが大変になって、夕張(市)と同じになるのかと思っていた。もっと大変なら市民を信頼して一緒に考えましょう。コスト計算して決めた、近隣市などと比較して見合って折衷的に提案している、というがそれなら上げる必要性がないのではないか? これ(値上げ案)を出せばバラ色の取手になるというものがない、市民を信頼し市民の意見をもっと大事にすることが大事です。

画像
画像


最後に司会の 取手文化の会・中ホールの会 代表の若井さんが この改定案の撤回を求めますと締め括った。

(注)説明会参加者が多いことにも、その熱心なことにも感心しますが、途中からではあれ、他市の住民であれ非常にフランクに、記帳など何の手続きも求めず傍聴・撮影を認めている取手市の対応に驚きます。すべての議会、市政、自治体審議会、説明会などが取手市のように開放的、開明的であることを切に望みます。  

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • 常総元気塾問題を考える、ひつじの日記
  • 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏による情報  小出裕章(京大助教)非公式まとめ
  • 浦安市民の情報交換ブログ
  • 市民オンブズマンいばらきブログ
  • 取手市 公共施設等利用料使用料説明会 市民オンブズマンつくばみらい改め 劣化と失調/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる