市民オンブズマンつくばみらい改め 劣化と失調

アクセスカウンタ

zoom RSS 阿見町で住民監査請求

<<   作成日時 : 2016/12/07 20:53   >>

驚いた ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

阿見町が、平成26年に事業化した追尾型太陽光発電設備設置工事には違法不当な瑕疵があった、として12月7日、工事費返還を求め住民監査請求が提出された。 提出者は元町議の藤井孝幸さんで、受付けた総務課は、要件審査の上受理するかどうかを検討して、監査委員が判断処置する、と答えた。
画像
          監査請求を提出する、右 藤井孝幸さん  左、総務課職員

画像
                 受理要件を確かめる職員

阿見町追原の町水道事業所駐車場に事業費2183万7千6百円で太陽光発電設備が整備されたのは平成26年11月。平成26年2月に契約され、3度の工事変更を経て同年11月に竣工した。が完成直後から不具合・不稼働が発生したまま修理対応に時間がかかり、関連業者の倒産などもあって当初見込みの発電・売電量を充たすことなく時間が経過した。

今年8月台風9号の来襲により、8機のうち1機が落下破損してしまい、残る機器にも落下の恐れがある、として全機撤去という事態に至った。 太陽を追尾して全機ひまわりのように首を振るはずが、太陽に対してんでんばらばらに向いてしまい機能に不具合があると完成直後から疑問が持たれていた。
画像
             太陽を追尾していないパネル
画像
画像
     
撤去された支柱

画像
              ソーラーパネル型枠
画像
           
画像
撤去後水道事業所敷地、脇庭に保管されている機器



監査請求者は、水道事業会計が独立していて、議会の審議に上らないまま事業が進行したことや、不具合発生後の対応の失敗、工事施行の元請け、下請け受発注に無資格業者が関わっていた疑いがあることなどを違法不当として当初の工事費約2200万円と後続して発生した撤去費用約77万円の返還を求め、監査委員の精査を求めている。















月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • 常総元気塾問題を考える、ひつじの日記
  • 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏による情報  小出裕章(京大助教)非公式まとめ
  • 浦安市民の情報交換ブログ
  • 市民オンブズマンいばらきブログ
  • 阿見町で住民監査請求 市民オンブズマンつくばみらい改め 劣化と失調/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる