市民オンブズマンつくばみらい改め 劣化と失調

アクセスカウンタ

zoom RSS 行政はより開明的になって欲しい

<<   作成日時 : 2017/01/13 17:36   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

資料を求めて、埼玉県蓮田市にお手紙を出した。 すると蓮田市では情報公開申請時に300円の請求手数料が必要で、コピーは1枚30円であるというお返事が来た。 なるほど 蓮田市情報公開条例 の第14条に「費用負担」とあって以下のように書かれている。
開示請求手数料1件につき300円    開示実施手数料閲覧又は写しの交付文書、図面及び電磁的記録(録音及び録画に係るものを除く。)1面につき30円      視聴又は写しの交付録音及び録画に係るもの1件につき300円
非常に驚いた。 最近はどこでも、行政の情報はなるべく市民に対して公開しよう、その手続きはできるだけ簡便なものにしようということが言われそういう自治体が多くなっていると思うが、そういう地方自治の基本の動きに全く背を向けた仕組みだ。 国交省など国の機関に公開請求すると300円の手数料がかかるが、それでもコピーは1枚10円で蓮田市より低額だ。なんでこんなことを蓮田市では市民も議員も放置しているのだろうか?



これまでいろいろの市町村に資料請求をしてきたが、開示請求に手数料を課している自治体は、茨城県では1回もなかったし、ないと思うし、埼玉県で開示請求を試みた事はあまりないのだが、それでもこれまで埼玉県、さいたま市、松伏町、三芳町、などでも開示手数料は取っていない。 千葉県でも開示請求に手数料は取っていない。なぜこんな法外な制度になっているのか知らないが、蓮田市の関係者は自分のまちの酷い条例に何の関心もないのだろうか?


他方、茨城県神栖市の議会のページを覗くと、議員名簿が見られる。しかしその名簿には議員の御住所はあるが電話番号やメールアドレス、ホームページURLなどは記載されていない。  事務局に電話して、議員に連絡を取りたくてもこれではアクセスできないではないか、と聞くと、議員の電話番号を教えることはできないが、事務局が伺ってご指名の議員に中継連絡しますから、そちらの番号をどうぞ、というお返事だった。

そこでA議員に接触したいので、こちらまで連絡してほしい、とお願いしたら、事務局から折り返し電話が来て議員は忙しいので関係する××事務所に用件を話しておいてほしいという事で結局A議員には連絡が出来なかった。 お願いしたいことはちょっと込み入っているので議員に直接説明してお願いしたかったが、××事務所に神栖市の資料が欲しいと用向きをお話して言伝を頼んだ。しかしその後A議員からお電話を頂いた時は生憎外出していて行き違いになり、その後余りにガードが固いので戸惑い断念した。

神栖市の情報公開条例では、資料を請求できるものは市民に限られているようで、市外の者への任意提供の仕組みも、努力義務もないようだ。 ここも今時珍しいほどの閉鎖的な運用で、市民も議員も行政のやっていることへの関心が薄いかよほど信頼しているのであろう。

それにしても、議会のページの議員名簿に今時連絡先電話番号やホームページ先などを記載しないってどういう事だろう。これでは市民が問題意識をもって議員に接触しようとしても手間がかかりすぎではないだろうか?


選挙の投票率が低いことをとても残念に思うし、市民側からできることがあるなら努力したいが、こういう自治体が当たり前の顔をしてあるようではそれも無理かなと思ったりする。










月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

マイリンク集

  • 常総元気塾問題を考える、ひつじの日記
  • 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章氏による情報  小出裕章(京大助教)非公式まとめ
  • 浦安市民の情報交換ブログ
  • 市民オンブズマンいばらきブログ
  • 行政はより開明的になって欲しい 市民オンブズマンつくばみらい改め 劣化と失調/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる