選挙ポスター

選挙が始まり、日本の秘境・当地伊奈村にも、ちらほら選挙カーの連呼が聞こえるようになった。  常磐新線が通ってからはさすがに秘境とは言わないだろうが、老人が当地に来たころは秘境と言う表現が相応しかったようである。
画像
   知事選、衆議院選掲示場


老人はポスターの件でめんどくさい事を続けているので、今回掲示場の絵を撮ってみた。
又、手で触って、光沢、感触、デザイン、色合いなど確かめても見た。   こんなものが1枚2500円も3000円もするとはとても思えない。  
画像
    知事選候補者




仮にこの法定のポスターが1枚2500円もして、そこそこの価格が一般的であれば、事前に何十倍もの量であちこちに貼られた違反ポスターの費用は何千万円という金額になるだろう。  ネットで見ると1000枚なら1枚100~150円程度、500枚では1枚300円程100枚でもせいぜい7~800円程度がいいところである。 それでネットのポスターが特別粗悪であるというわけでもあるまい。


画像
     お一人貼ってない場所がある
    

今回の候補者の分を作った印刷社の中に前回の県議選の時と重なっている印刷社もあるので、また選挙終了後資料を求めて比較してみたい。  因みに燃料費の方は給油伝票の添付が義務つけられたので満額、上限一杯の請求者はいなくなるものと思われる。そもそも1日500キロも走るような選挙運動があるはずがない。




画像
    衆議院選挙区候補者

世論調査では民主党の圧勝という予想が出ている。  そして老人は民主党の躍進を大いに喜ぶ。特に茨城県のような保守王国の選挙区で民主党が勝つような事態を見てみたいと思っている。  当地では昨日まで保守系無所属であった市議会議員がなぜか民主党の比例単独候補名簿上位に登載され、あわよくば当選と言う情勢にもなっている。
が、老人にいわせれば仮令当選して金バッチをつけようとそこに言い難い違和感が漂う。

画像
    衆議院選・候補者




ところで比例区は北関東全体と言う事で、他の党への投票も可能だ。    そこで見ていると山内康一さんがみんなの党から比例単独で登録されていた。  自民党を離党し渡辺喜美さんのグループに参加したのである。

老人は構想日本の事業仕分けを何回か訳も判らずに傍聴したが、その何回かで山内康一さんの発言を聞き、また采配をみて関心を持ってきた。    構想日本の加藤代表はいつも「(昨秋からの)解散のうわさの中で、地元にも帰らずこんなんところで事業仕分けをやっている議員を落とさないでぜひ支援してほしい、こういう人ほど日本に大切だ」と挨拶していたが、図らずも離党で神奈川の自民党選挙区から、みんなの党北関東ブロックに転出されて老人が関与できる事になった。
画像
   からすうり


老人は民主党の大躍進を大いに期待しその実現を心から望む。    しかして逸材山内康一さんの当選をも心から期待する。遠くから何の力もなく祈るのではない。  ささやかではあるが一票を投じて期待するのである。

仮に、武運拙く落選という展開が待っていようと、逸材が埋もれる事はあるまいと思っている。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック