コンパニオン付き視察研修 2

Bコースは合併前の谷和原村の事である。   伊奈町と谷和原村は3年前合併している。17年2月から7回の合併協議を重ね18年3月17日に調印式、22日に両議会で関連議案議決、28日に水戸まで行って県知事に申請をした。


ところで……

桐生市議会議員の庭山さんのブログが元気である。  議会の内情が報告されて大いに参考になる。7月には過去の視察について資料を求めたところ議会事務局員に自分で調べたら、と言われたようである。にわやま由紀の議会ノート

≪引用開始 09年7月7日

7 JULY 2009 桐生市議会議長 幾井俊雄様   『行政視察に関する質問書』 桐生市議会議員 庭山 由紀

過去10年間にわたる、桐生市議会における各常任委員会、各特別委員会並びに議会運営委員会の行政視察について、それぞれの視察への行った行き先と、これに支出した金額、ならびに具体的成果などについて調査と資料の提出を求めます(記入表添付)。  よろしくお願いします。


≪  09年7月10日

一昨日、議長宛に質問書を出しましたが、その際に議会事務局から「図書館に資料があるので、ご自身でお調べになって下さい」と言われたことは報告したとおりですが、また「視察の成果・効果については、おひとりおひとりご自身でお聞きになったらどうですか」とも言われました。現在の31人プラス、過去の議員に。ずいぶんなアドバイスをされてしまいました

≪引用終わり

行政視察についてどんな報告が出ていたのか、老人は密かに(自分の処の議員から類推して)コンパニオンへの支出などが記録されているのではないかとハラハラしながら見守っている。過去10年分を求めるのであれば、当地の谷和原村議会議員の3~4年前はさほど古い出来事ではないと言える。   勿論老人は過去の古い事などとは全く思っていず、現在ただ今も進行中のビビッドな出来事であると思っている。 

さて17年3月25~26日、前記の日程の中、。村会議員15名が福島県本宮町に視察に行く。1時間半ほど研修をしたあと旅館についてあとはコンパニオンをあげて懇親会である。

この視察旅行には谷和原村の議長交際費から21万円が支出され、村長交際費からも賛助金が出され、数人の議員は参加費を政務調査費の使途として落としている。この年の議長交際費予算は128万円、年度末に21万円をこの旅費に充当し、自分には2日分の日当をつけ127万8000円を執行、不用額は2000円という見事な着地を果たした。  コンパニオンと飲むのは確かに交際ではあろうけど好ましくないのではないか?  当時議長の倉持真孜は金の出し入れは事務局長に任せていたから知らなかったそうである。 
画像
           
クリックで拡大
   
  


立派な研修だったのであろうけど、実はこの本宮町にはこの時が3回目の視察研修であった。

なぜ3回も同じ自治体に行ってどこを視察するのか知れないが、報告書の類はない。  おまけに余程いい事があるのか、16年2月には伊奈町議員5人も同じ本宮町、岳温泉というルートで視察に行っている。(以下次回)











  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 風雲急を告げるか・・・・・

    Excerpt: 市長選が迫ったさる3月28日立候補者説明会が開かれた。老人は一般市民として様子を聞きたいと取材に出向いたが候補者・関係者以外は同席できないと言われたので、では「名目だけ候補者になる」と書き込み説明を聞.. Weblog: 市民オンブズマン つくばみらい racked: 2010-04-16 15:49