議決権の乱用

神戸市議会が住民訴訟で違法支出とされた補助金の「返還請求権放棄を議決」した問題で、11月27日、大阪高裁は市議会の議決を議決権の乱用で無効とする判断を示した。            クリックで拡大 1審判決で敗訴した市側が市議会に泣きつき、議会が2審判決の前に先回りして請求権の放棄を決め、言ってみれば裁判骨抜きを企図した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

臨時議会

26日、平成21年度第4回つくばみらい市議会臨時会が開かれました。  人事院勧告に連動して職員給与をカットするという議案と、交通事故の専決処分の承認を求めるもので、会期を今日1日だけとし、しかも2時開始、2時38分には終了するという軽いものとなりました。          11・26日開会5分前の議場 議場に緊張感が流れる訳でもな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奇怪な事が進行している

18日、土浦地裁で町営住宅の裁判を傍聴しました。  この裁判は昭和45年(1970年)から町(当時は村)が借地権つき分譲住宅を企画し、過疎対策として大いに有効だったものです。  1973年が石油ショック、以後長い景気拡大期に入りバブルに至る直前でした。        土浦地裁09・11・18 借地ですから土地の持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

虚偽記載・・・記載漏れ

民主党政権がスタートした。試行錯誤に酷評を浴びながらも自民党時代とは異なって何かうすぼんやりとした明るさが感じられる毎日である。  長い間踏襲されてきた仕組みの垢が3カ月でみんな綺麗になってうまく回転する訳はないのだからまずはお手並み拝見と控えて待機したい。 事業仕分けもあれこれ批評されながら進んでいる。何しろ特殊法人だの、独…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判所を馬鹿にする・・・・・住民訴訟骨抜き

「市民には住民訴訟の手段があり、異議申し立ての権利がある」、と簡単に言うが淡泊で寛容な人には向かないようだ。かなり粘液質な持続力がないと近寄れないかも知れないものである。  しかし一方では単純素朴な傾向を持つ者にも可能と言い換えることもできるかも知れない。 思い込んだら命がけ、純情一路、虚仮の一念・岩をも通す。 地域の選良が、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ナナハンvs談合・・・・秋の疾走

今頃の季節を何と呼ぼう。   北海道や北国ではもう雪が降っているし南ではまだ秋で、晩秋というにも早い気がする。報道では見事な紅葉の絵が流れている。   初冬には早い錦秋の10日裁判のために水戸へ行った。ナナハンの顔に当たる風もそこそこ冷たくなって来た。これからが本番である。これからは夏のように疲れたからと言って街道の木陰で眠る訳にはいか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

区画整理・再開発対策の勉強会

区画整理・都市計画の集会を傍聴しに行きました。  全国各地から問題に対峙している方が集まり重い経験を語りました。   稲城から来た方の多摩丘陵区画整理のレポートがとても明快で参考になりました。 全国からの、南は鹿児島、熊本、福岡、北は秋田、新潟、福島から 京都、静岡、兵庫、富山、三重、愛知からなど凡そ80名程の参加者があり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政権交代の影響か? 土浦ビオパーク閉園

霞ヶ浦浄化に資するなどとして平成7年に開設された実験施設土浦ビオパーク。             クリックで拡大更にクリックで拡大 が、管理水準の低下から、厄介者の外来種植物、オオフサモを流出させる元になっていたなどかねてから問題視されていたが、この10月23日に閉園された。  国交省、河川事務所は『啓発の役割も終え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more