全国市民オンブズマン・弘前大会

≪全文転載・    引用拡散   8・25~26参加者急募!



全国市民オンブズマン連絡会議は、12/8/25(土)-26(日)に
青森県弘前市の弘前文化センターで第19回全国市民
オンブズマン弘前大会を開催します。
記念講演は植田和弘・京都大教授(環境経済学)です。
資源エネルギー庁の「総合資源エネルギー調査会」で、「基本問題委員会」
「調達価格算定委員会」委員、「大阪府市エネルギー環境戦略会議」座長を
務められています。

どなたでも参加できます。(500人規模)
下記申込書でお申し込みください。8/10(水)締め切りです。
http://www.ombudsman.jp/taikai/2012taikai.pdf

--------------------------
今年のメインテーマは「原発と市民オンブズマン」です。
http://www.ombudsman.jp/taikai/

東日本震災後、原発事故・震災復興に対し、市民オンブズマンとして
何ができるのかを考えてきました。
今回、被災地であり、原発立地自治体でもある青森県弘前市で大会を行うことにしました。

今年の全国大会では、エネルギー問題を地域から考えるための基礎となる、
原発立地県に設置された原子力関係の審議会ならびに地域防災計画
原子力編審議会の公開度調査を発表します。
また、それら審議会の委員(大学教授ら)に対して電力会社等からの
寄付金等がなされているか、どのような審査が行われたのかの調査をし、
委員と電力会社との癒着を問い、さらに大学としてのチェック機構の
有無も明らかにします。

さらに、原発立地県・自治体に対する、電力会社等からの
寄付金調査も行うことで、地方自治体の原発マネー漬けの状況を調査する
とともに、地元住民以外でも情報公開請求可能かを調査します。

また、昨年来、旧帝国大学の、電力会社からの受託研究・共同研究・
奨学寄附金の調査を行っており、大学との癒着を問います。

今年も「エネルギー民主主義」の担い手である「需要側」が現状において
エネルギーをどう選択しているかについて、自治体の電力の購入実態+
環境配慮方針に関する調査を行い、発表します。
さらに今年は売電調査も行い、電力自由化に対して自治体がどう取り組んで
いるかを明らかにします。

記念講演は、「福島原発事故とエネルギー政策」として、
植田和弘・京都大教授(環境経済学)にお話いただきます。
資源エネルギー庁の「総合資源エネルギー調査会」で、「基本問題委員会」
「調達価格算定委員会」委員、「大阪府市エネルギー環境戦略会議」座長を
務められています。

復興問題については、現地市民オンブズマンがみた問題点を
発表し、今後市民として何ができるのかを議論します。

-------------
分科会では、原発・復興問題のほか、政務調査費訴訟や
市民オンブズマンなんでも活動交流などがあります。

原発・復興以外では、住民訴訟敗訴原告に対する訴訟費用請求問題に
ついて発表いたします。
また、議会ウオッチング活動についても発表します。
さらに、全国情報公開度ランキング、包括外部監査の通信簿、
予算編成過程公開度調査、政務調査費透明度調査、落札率調査など
定番の調査も盛りだくさんです。
その他、政府が制定しようとしている秘密保全法に関して反対しており、
情報公開請求した結果の発表や、内閣官房機密費情報公開についての
発表もあります。

参加費は2日間、約500ページの資料込みで5000円です。
懇親会は大会会場で4000円です。

行政の無駄遣いに関心がある方、これまで市民オンブズマン活動を
行ってきた方だけでなく、原発問題・復興問題に関心のある方、
地方議会から世の中を変えていこうと考えている議員の方々なども、
ぜひご参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。

----------
スケジュール案
8月25日(土)  13:30~    開会
          13:30~13:40 実行委員会挨拶+歓迎挨拶(弘前市長:予定)
          13:40~13:45 基調報告
          13:45~14:25 全体報告/弘前報告(原発と情報公開)
          14:25~15:45 記念講演 植田和弘氏
                 京都大学大学院経済研究科・地球環境大学院教授 
                 専攻:環境経済学、財政学
                 テーマ「 福島原発事故とエネルギー政策 」
          15:45~16:00 包括外部監査 表彰
               【 休憩・会場移動  】
          16:15~18:15  分科会 (1)原発・復興 (2)政務調査費
                      (3)なんでも活動交流(仮題)                
          18:30~20:00 懇親会      
8月26日(日)   9:30~10:20 各種調査報告
談合、電力購入・売却、政務調査費、情報公開度調査、
                 予算編成過程への住民参加、情報公開市民センター報告
          10:20~10:50 分科会報告  (1)原発・復興 (2)政務調査費
        (3)なんでも活動交流(仮題)
          10:50~12:10 各地活動報告                 
            復興予算(仙台・岩手、北海道・東北ネットワーク)
            議会ウオッチング活動について 
            訴訟費用請求問題(木津川、安曇野、松本、弘前)            
12:10~12:30 大会宣言、決議
---------------
「第19回全国市民オンブズマン弘前大会実行委員会」
 http://www.ombudsman.jp/taikai/
 〒036-8021 弘前市和徳町95-1
 Tel 090-4632-6931  Fax 0172-39-1566  メール phtkmt@jomon.ne.jp
------------
参考
2012年7月18日(水)日経ビジネス
 植田和弘・京都大学大学院経済研究所教授に聞く【前編】
  原子力は民間企業では縮小できない
  http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120712/234391/
2012年7月25日(水)日経ビジネス 
 植田和弘・京都大学大学院経済研究所教授に聞く【後編】
  原発依存度の「数字」にアタマを縛られるな
  http://business.nikkeibp.co.jp/article/opinion/20120723/234756/
--
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
全国市民オンブズマン連絡会議
事務局 内田 隆 office@ombudsman.jp
TEL 052-953-8052 FAX 052-953-8050
http://www.ombudsman.jp/ 
情報公開法を無にする「秘密保全法」に反対します。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

≪全文転載終わり

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック