にべもない

プリンターがいきなり不具合になった。 用紙を巻き込む部分が機能せず、スタートボタンを押しても紙を引きこまない。  手引きを見てあれこれ繰り返しても直らない。 メーカーのキャノンのページからメールするも返事がない。それでお客さまセンターなるところに電話すると『今混んでいるから待つように』という録音が流れ20分ほどしてから、係が出た。

不具合の説明をして修理に出したい、見積は幾らになるか?と聞いた。以前やはり故障して修理に出した時、修理費が1万3千円位で別途引き取り郵送料は1500円位だった。 その時は1週間くらいで戻ってきて又使い続けていた。

ところがオペレーターは、プリンタの型番を訊くと『その機種についてはもう部品がなく修理そのものを受け付けていない』と言う。   うーん、口籠りつつ、だって4万円位したし、今朝まで何の不自由もなく使っていたのにと縋っても、受け付けない、と言ってにべもない。

説明書には確かに部品の保守は5年くらいと書いてある。このプリンタは2007年頃の購入だから、前回は辛うじてその保守期間内で間にあったけど今回は修理部品がないのかもしれない。


しょうがなく近くの家電店に行くと安いものでは5~6000円から2万円位~4万円位で同じ機能のものが売られている。
修理に1万5千円もかける必要はない、新たに買い直せば最新機能のものが補充できるという業界の仕組みになっている事に今更ながら呆れ、充分に圧倒された。

まだ使えるものでも次々に高機能の新製品を出して旧製品を廃棄するように誘導して行く業界のあり方に大きな疑問が湧く。しかし如何ともし難い。

8000円出して新しいプリンタを入手したが、『原稿をスキャンする機能』がうまく使えず、パソコンからの印刷とコピーには使えるので片肺飛行のまま I・Tデジタル弱者の悲哀を噛みしめながら口を尖らせている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック