ポスター作成費用・取手市議選の場合

1月24日に行われた取手市議会議員選挙について、かなり時間が経ってしまったが、ポスター代を調べてみた。 選挙には24議席を目指して32人が立候補し、ポスターを作成しなかった(らしい)候補者がお一人いて、残り31人の候補者(のポスターを受注した印刷業者)に総額932万2069円が交付された。 

取手市の条例では、1枚の単価が1212円まで、枚数が344枚までを公費で負担することになっていて上限金額は416,928円である。もちろん上限まで率先して使いなさい、と勧めている訳ではないのだろうけど今回も上限ぴったり で作った を請求した候補者が3名、2円だけ少ないという神業的達成も2名、上限の41万6928円に対し90%以上・37万円以上のポスター代金を市税から掠め取った候補者が約半数の14名いた。
画像
         クリックで拡大


作成されたポスター単価で一番高額だったのが山野井候補の1,296円、最も低額(*注)だったのが池田慈候補の297円でその差が約4倍になる。 (*注)驚くのは平由子候補の単価16円436銭で344枚分の公費負担額が5,654円だった。 これは上限金額の約70分の1である。隣町に住んでいるブログ管理人はこの選挙の間、何か所もポスター掲示場を見る機会があり、顔を近付け、目を皿のようにして見、何度も手で触って確かめたが、貼られている平さんのそれと山野井さんのものに、もちろん他の全候補のポスターにも、際立った差を見つけることはできなかった。 紙質・光沢・顔写真と名前・字体の大きさや配置など、殆んど同工異曲であり、顔写真と名前が違っているだけで、何の独創性もありはしない。 
画像
 クリックで拡大


それでも前述のように一方では1枚1000円以上の経費ということになり他方では400円以下の単価ということになっている。東京や水戸つくば筑西など地域の違いはあっても、同時期の用紙代やインク代がそれほど異なることはないだろう
し、3~400枚を作るのに割り付けや試し擦り刷り、断裁など印刷作業や工程がそれほど飛び抜けて違うということも考え難い。  すると344枚で40万円と15万円の差は専らデザインの違いということになるのだろうか?


しかし数年に1回、一回に数十人から百数十人が競う選挙で、これまで市町村議会、県市・町村首長選、衆参両院議員選など全国津々浦々で数限りなく作られて来た選挙ポスターにそんな独創性というか、希少性というか特異性などが認められるものだろうか? 、誤記入を防ぐためだろうか、有権者を小馬鹿にしたように苗字や名前に「ひらがな」を採用するなど、凡そデザイン、企画という言葉から立ち上るべき香気とは異質の卑屈なポスターばかりだ。こんなものに多額のデザイン料、企画費、構成料などがかかるなどとは到底認められない。 開票の時、名前の漢字が難しいので1票と認められないと実利的に困るからか「かな」で名前を記載するように誘うというような小手先の、政策や理念といったレベルのものとは無縁の幼稚低劣なものが並んでいるだけだ。


で、デザイン料をかけ、用紙やインク代裁断経費などを積算した結果がなぜ1212円になり1210円になるのか?400円、500円で作成した印刷業者のものにもデザイン料や、企画費はかかっている訳であろうから、容認金額の上限で作った業者はとても『優れたデザイナー』を徴募したというのだろうか。 


条例で××円まで認める、となっていたとき、実際の経費は兎も角そこまでかかったことにしてしまえ、申請すればノーチェックで通る、ということだったのではないかと老人は疑っている。地方自治法は、最小の経費で最大の効果を上げるようにせよ、となっているらしいが、基本法より下位の条例の方がいつの間にか優先されてしまい、形式だけ整っていれば最大の経費をかけながら、最小最低の効果しかないような公金支出も可能になったらしい。そういうあれこれを審議し決定するべき権力者、代理責任者、議員を選ぶに当って、こういう無駄使いが横行しているのであるから呆れてしまう。 


それでも、茨城の取手市議選で32人のうち満額を掠め取った奴は3人だけだったが、これが千葉県会議員選挙となるとポスター代が7~80万円から100万円以上かかったとして、県に上限請求し、まんまと満額をせしめた候補者・印刷業者が40人もいるのだから冗談じゃない。 

印刷業界の住人に、自分の仕事に対する、なんというか矜持のようなものはあるのだろうか?













ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

この記事へのコメント

斉藤 たかし
2016年05月07日 11:21
平さんのポスターの件で一言
16円は、確かに安すぎると思います。
コンビニのカラーコピーでも。80円+両面テープで100円と言うのが相場。平さんのポスターは、耐水性と色褪せは他と変わらなったかもしれません。これは冬だったからでしょう。ただ、風には弱かったようです。少なくても15枚は、破れてました。12・3枚までは通報して差し上げましたし。
昨年4月の、市長選・市議補選の折、藤井・細谷・私のポスターだけが、変性なしでした。他は、3日目には色褪せ。5日目と投票日には、はがれだした物もありました。
2016年05月08日 21:29
選挙に出た斉藤たかしさんでしょうか? コメントありがとうございます。 

直接の当事者としてご観察されたようで、他候補のポスターは、色褪せたり選挙期間中に剥がれていたりしたとの投稿ですが、ご自身のポスター代について印刷業者とどう折衝されたのか伺いたいところです。

用紙代とかデザイン料とかどんな説明があって、1188円×370枚43万9560円になったのか参考のため次回のコメントも頂ければうれしいです。

この記事へのトラックバック