激戦必至・つくば市選挙区

30,31日と県議選の立候補受付けが始まったが、つくば選挙区に、元職の飯岡英之氏(58)が参戦する事が明らかになった。 同選挙区には、立憲民主党の公認を得て、野口修候補が出馬を予定していて、飯岡氏の参戦によってさらに混沌とした情勢になっている。

立憲は今回、水戸市選挙区の玉造純一氏と、つくば市選挙区の野口修氏の二人を公認し保守王国の茨城県に
橋頭保を築きたいと力を入れているようだ。 

国政での旧民主、民進や国民民主、連合などとの捻じれが整理されないまま選挙に突入するのは地方政治でも変わらず、小選挙区制、参院選挙での野党間選挙協力などへの学習事例になるのか、結果が注目される。


画像
             クリックで拡大

"激戦必至・つくば市選挙区" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント