選挙運動にかかった燃料費

27年4月12日執行の千葉県議選には95議席に対し135人が立候補し、うち133人が選挙運動用自動車などの公費負担を申請し、7候補が自動車の一括契約で406万3,500円を、その他の候補が運転者の徴募で1049万3,750円を、自動車の調達で1262万9,373円を、9日間の選挙運動の燃料費として239万0,518円の交付を受けた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

みらい市ハザードマップ

ひつじのメモさんが、つくばみらい市のハザードマップについて記事にしてくれている。  老人はひつじさんのリンクで初めてこんなものが作られていることを教えられました。 行政に携わる者は広範な事柄に対処するためにあれもこれも準備しておかなければならないのだろう。  ではいち市民としてはどうか? 昨年鬼怒川が決壊して常総市などで大規模な被…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つくばみらい市の選挙ポスタ代

選挙が終わると→今となっては趣旨も形骸化してしまい→形式的なものになってしまったようだが、選挙運動にかかった費用を収支報告書として提出せよ、という事になっている。 公選法は全く劣化してしまって、どこをとっても矛盾だらけ凸凹で全然整合しないのだが、この収支報告も本来は、決められた選挙費用の上限を超えていないかを確認する為だったようだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

非常用電源

常総市の古性さんの ブログ に、新庁舎建設について投稿があり、つくばみらい市の非常用電源が1メートル高く設置されたことを高く評価しているように書かれていたので見てきた。。         クリックで拡大   庁舎の裏側にあり、台座が高い 自分の町のことであるから、行ってきたが、一面の田畑の中の庁舎だから、ここが川の決壊で水浸しにな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

監査請求の意見陳述

26年度分の茨城県議会政務活動費について4月13日に監査請求を提出していたが、数字の打ち間違いや内容に不備と欠落があって補正が求められていた。 代表者が監査局と何度かやりとりした結果漸く要件が整って受理され、今回5月18日に補足的な意見陳述の機会が与えられた。    快晴の国道6号を駆け抜け、県庁23階へ何度目かの遠征である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オンブズマンの総会

市民オンブズマンいばらきは、設立20年を迎え、5月7日土曜日、土浦で今年度の 総会 を開きました。 総会には少ない数の参加者しかなく、活動の退潮と縮小が年ごとに鮮明になってきた。          クリックで拡大 オンブズ活動に加わっても、個人的に何か利益になるという事はない。反対に交通費や資料代は個人負担であるから持ち出しであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポスター作成費用 つくばみらい市の場合

守谷市議選の更に1週間後、28年2月7日につくばみらい市でも市議会議員選挙が行われた。  つくばみらい市のポスター代公費負担は1枚当たり510.48円で130枚=66,363円と非常にシンプルである。今回は18議席を目指して20人が立候補する少数激戦となったが、今回の立候補者全員が基準通り満額の66,363円を費用請求しても130万円ち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポスター作成費用・守谷市議選の場合

取手市議選の1週間後、28年1月31日守谷市でも市議会議員選挙が行われた。 守谷では20議席に25人がチャレンジした。ここでも有権者の支持を求めて、掲示板の美麗なポスタから、市民に向けて各候補の笑顔が振りまかれた。  守谷市の条例では1枚当たり1000円まで137か所の掲示場に対し137+1割増しの151枚=151,000円が公費負担の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙ポスターに著作権はあるか?

それぞれの自治体には、選挙費用の公費負担制度がある。  その当初の目的・趣旨は金のかからない選挙や候補者間の選挙運動の機会均等を図り、資力財力による不公平を抑制しようとする、といったものだったらしい。 茨城県では平成6年9月29日に条例第32号として、水戸市では平成5年6月28日水戸市条例第27号として、つくば市では平成7年6月に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポスター作成費用・取手市議選の場合

1月24日に行われた取手市議会議員選挙について、かなり時間が経ってしまったが、ポスター代を調べてみた。 選挙には24議席を目指して32人が立候補し、ポスターを作成しなかった(らしい)候補者がお一人いて、残り31人の候補者(のポスターを受注した印刷業者)に総額932万2069円が交付された。  取手市の条例では、1枚の単価が1212…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オンブズマンの定期総会

市民オンブズマンいばらき、は連休明けの5月7日、土浦駅前のうらら・懸案県南生涯学習センターで今年度の総会を開きます。 このところ存在感も薄くなり、活動もやや停滞気味ですが、なお地方自治体の公金支出を監視し研究しながら自立した市民住民として、己れを鍛えるべく奮闘中です。 是非この機会に一度覗いて見て下さい。 総会の後、こん…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

県庁の食堂で考えた事

ここ何年か、年に数回水戸の県庁に行っている。  ナナハンで2時間以上はかかるから、傍から見れば物好きな、もっとはっきり言えば無駄なことをしているな、というところだろう。 自分でも激しくそう思っている。 資料が欲しくて情報公開の手続きなどに行くのだが、これまで5~6年、十数回か遠征していて県庁の食堂を利用したことは一度もなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調査報告 こんなにひどい政務活動費の使い方

市民オンブズマンいばらきは、5月7日(土) 土浦で今年度の総会を開きます。 総会後、2:30~4:30を予定して茨城県議会の政務活動費について         こんなにひどい政務活動費の使い方 とする調査結果を報告します。   参加自由、参加費無料です。 是非足をお運び下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

監査請求

             県庁23階 監査委員事務局 25年度分に続き、茨城県議会の平成26年度分政務活動費について、『市民オンブズマンいばらき』は4月13日、住民監査請求を起動・提出しました。 26年度は全会派に対し約2億2900万円が交付されましたが、そのうち約5900万円には違法・不当な支出の疑いがあるので、知事が各会派と議員に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海部八郎さんのこと

冬、1月15日に今年初めて水戸地裁へ出頭した時のことである。  天気が良かったがその分風は冷たく、ナナハンが古くなって時速30キロくらいしか走れず、道中の全てで大型貨物車や長尺トレーラーの邪魔になる有様で、水戸まで3時間近くかかってしまった。 ナナハンのスタンドを立てて暖房の庁舎に入ったが、歯の根が合わず身体が冷えてしまって手が震…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

裁判で使われる『不知』という用語について

老人は今、税金で賄われる選挙ポスターの費用が詐取されていると、茨城県に対して異議申立てをしている。 先日、県側から最初の答弁書が来て、その中に『不知』という言葉が何回か使われていた。 ネットで調べると、相手方の主張していることについて、認めないし、知らない、本当かウソかも とにかく相手(この場合老人)が言っているだけだ, 関知しな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

税金泥棒 3

柏市民オンブズマンが選挙費用について監査請求を行った。 その 意見陳述が傍聴できる、というので3月16日出かけてみた。      左側、監査委員  右側、陳述者たち  クリックで拡大 意見陳述は5人が行い、それぞれ思いの丈を述べた。中には自称80ウン歳のご老体もおいでだったようでお元気で活発な発言だった。  小休止の後、今度は柏市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

税金泥棒 2

草加耕助さんのブログ旗旗を訪問していたら、「非暴力直接行動」って何だろう?(上)-最も険しい困難な選択のはず、という ページ があって、そこでの整理・立論に非常に教えられ共感した。ガンジーが提唱し実践した非暴力直接行動には、字面にこそ何らか穏健さを窺わせる語感が纏わりついているが実質は過激な抵抗であり、相手を罰するだけの実力を持つ者だけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

報道ステーション 古館伊知郎 渾身の置き土産

husa2563さんの画像を転載 報道ステーション 03-18 ワイマール 投稿者 husa2563 ネットから転載した画像は数日後速攻で閲覧不可になった。 著作権や周辺権の問題があるのだろうから、引用するほうもおずおずと、半分権利侵害の指摘を恐れながら転載するのだが、ネット上の拡散に再度参加する。 “…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

弁護士業盛業中

無限の可能性を秘める弁護士の本業!   甘利前汚職大臣の件でも、元やめ検の弁護士に調査を任せているそうだが、秘書からの聴取や調査に大分時間を食っているようだ。  維新の会地方議員の小林由佳議員の場合も百条委員会の審問では、補佐人の弁護士にいちいち相談してから、尚答弁しないなど弁護士の適切な補佐ぶりがクローズアップされて存在感が重く示され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発の今 約 7分半の映像

    クリックで拡大 みちのくにみちつくる ≪転載開始    2016年2月24日  東京電力は2月22日、事故発生からまもなく5年を迎える福島第1原発を時事通信に公開した。高い放射線量のエリアに入るため、全面マスクと防護服を着用。構内をバスで巡回し、水素爆発で大破した原子炉建屋の外観のほか、がれきが依然散乱する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

保存すべき文書としては残っていない

今から4年ほど前、住んでいるつくばみらい市の議会での質問と答弁について、あまりの低劣さにどんなやり取りが事前に仕組まれているか知りたくて、答弁準備原稿の開示を求めてみた。 ところが執行部理事者側は、最初、準備原稿は、市役所内部の決裁、供覧が済んでいない文書であるから、条例に定められている「開示すべき文書に当たらない」、と門前払いしてきた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

天皇の外国訪問

天皇がここ数年続けている一連の戦地慰霊行事の追行としてフイリピンを訪問し、現地の『無名戦士の墓』や日本人兵士の『比島戦没者の碑』などに供花をした。戦争中は仕方がなかったとはいえ多大の迷惑をかけた国であるから、まともな感性があるなら足の運びも重いものに思えたことだろう。 しかし戦後は、(実質はともかく)日本が積極的な戦争加担もしなかったこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

税金泥棒

龍ヶ崎市選管に資料を求めたら、年内に済ませてしまいたいと言うことか12月25日になって資料が頂けることになって急遽ナナハンを飛ばした。 去年4月に行われた市議会議員選挙の公営費用の一覧表である。  ついでに選挙葉書の送付費用の詳細資料も求めた。28人が出馬した選挙にはポスター代として約722万円、自動車借り上げ代として145万余円など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人知れず咲く花・・・

オンブズマン(もどき)が地域や行政に関わる時、声高な追及や急迫的な要請ではなく、願わくば事実に依拠した提示や穏健な質問と射程の長い提案となってやがて改革の実を結ぶような、緩やかで抑制的、建設的な関与でありたい。 ところがその起点になるべき行政の資料を求める時、住所氏名を記入しないとそれらの記録やデータは貰えない。  データを示し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

提訴

茨城県議会議員選挙の選挙公営費返還住民訴訟事件 訴訟物の価格 非財産権上の請求 貼用印紙額  金13,000円                                    予納郵券代金   6,400円                          …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

監査結果は棄却!

選挙の度に補助金として投下・支出される選挙ポスター代について、設定金額が高すぎ、悪徳業者と恥知らず候補者によって税金が詐取されている、のではないか? いろいろなデータを調べていると「朱に交われば紅くなる」とはちょっと角度が違うが、どうも疑い深くなって、マイナス思考に侵されているようで気分が悪い。 昨26年12月の茨城県議選の選挙費…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あかつき印刷の選挙ポスター代 

27年4月のさいたま市議選には60議席に対し81人が立候補し、80人が 3136万余円のポスター代を交付された。 さいたま市議選のポスター代は公設掲示場の個所数の1,2倍までの枚数を条例で認容するので129~243カ所の設置数に対し155枚から最大で292枚迄を選挙公営(の市条例)で補助する事になっている。金額的には44万1905…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙公営という名の悪事奨励  選挙ポスター代埼玉県会の場合

4月の市議選と同時に行われた埼玉県議会議員選挙は、93議席に対し164人が挑んだ。当日有権者は518万3111人、投票者は195万2849人(何地区か無投票の選挙区があって) 投票率は、37,68%だった。       クリックで拡大 93議席に挑んだ164人のうち4人は公費負担を受けられず請求を没収され、結局160人(と契…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

鍋とフライパン革命

ブーゲンビリアのテイータイムというブログがあります。  そこに『アイスランド無血の市民革命・鍋とフライパン革命』という貴重な映像が翻訳されていました。 外国語の判らない老人には本当にありがたい作業で、こうして遠くの地で居ながらに接することができる事に感謝しています。 管理人さんのお許しを頂いて転載します。  少し長い映像です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポスター代 さいたま市の場合

さいたま市議会議員選挙は、今年平成27年4月12日に行われ60議席を目指して81人が立候補した。  当日有権者は88万4,635人、投票総数35万7,286人、投票率は40,39%とあまり芳しくなかった。(うち北区選挙区は無投票だった)  81人のうちお一人は公費負担を受けられなかったので結局80人の候補者(と契約した印刷社)がポスター…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

司法妨害とデータ偽装

発端は自動車向け排ガス浄化装置の販売に関する国際カルテルの疑惑だった。 日本の独禁法でのそれに比較して圧倒的に多額(約78億円という)の罰金を支払ったのにも係らず、日本ガイシ(5333)の前社長らに→訴追→身柄引き渡し要求→拘束→禁固など服役 の可能性さえあると予想される。 ≪ウイキぺディアから引用    価格カルテルへの関与[編…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

契約自由の原則

ポスター代が過剰だ、おかしい?と監査請求を出してから3週間経って、県からは受理したとも、どこか補正せよとも、却下するとも何も言ってこなかった。 そこで又県庁23階の監査委員事務局まで行って来た。 「請求は受付けましたが、受理するか、どうかはまだ決まっていません。  補正が必要か、このまま受付けず却下するかも検討中です、連休もあった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

監査請求

選挙ポスターの公費負担について、どうしても納得できないので監査請求をすることにした。 公費負担のない市町では300円とか600円とかの単価でポスターが作られていて、その費用で選挙には何の障害もなく、何回もの、どこの選挙でも普通に行われている。 それなのに、県の条例で認められている、と言うだけの理由で普通10万円程度で十分作れるもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実勢価格

ポスター代の公費負担について調べている。 前回茨城県には公費負担のない町村が12ある、と書いた。 しかし調査に関して有能な知人が調べてくれたところ、32市の中にも何故か公費負担の条例を作ってない市があることが分かった。 常陸大宮市、と行方市である。 公費負担などというものがなければ当然のことながら印刷社、業者はごく常識的な、当たり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙ポスター代に税金の支援がない時

税金で選挙費用を支援する枠組みがない時、選挙のポスターは幾らくらいの費用で作られているだろうか? 現在、町村の選挙には公営負担の仕組みがない。  選挙葉書については候補者1人当たり800枚分の郵送料が国の補助金から義務的経費として交付されるが、市や県が条例で定めている選挙運動用自動車の借り上げ代や、選挙ポスター代の支援、ガソリン代…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

県議会政務活動費・今年は1824万円を返還

25年度分として交付された政務活動費を47都道府県で、唯一全額使い切っていた事が、昨年夏、大きな話題となった茨城県議会の、26年度分の政務活動費収支報告書が閲覧可能になり、26年度は総交付額2億2920万円に対し、執行率が92% 2億1095万円で、使われずに返還された金額が1824万8128円だったことが判った。 前々年度分の使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公営負担 不正を助長する愚かな仕組み 

26年茨城県会選挙でポスター代の公費負担を受けた93候補のうち沼里候補の公費負担費用7万6,420円は下から数えて2番目に低い費用だった。 (1番低価格だったのはつくば市選挙区のヘイズ・ジョン候補で7万5,600円=公費負担上限に対し7%)  他方93候補のうち最も高額だったのが同じつくば市選挙区の荒山千秋候補でこの選挙区に認めら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26県議選公営費メモ 

前3回の茨城県議会議員選挙で、公費で負担されたポスター代、自動車燃料代の請求状況は以下の数字だった。 ポスター代 平成18年選挙 (立候補者99名→うち2名は得票少なく公費負担対象外) ポスター代上限満額請求者37人、90%以上請求者17名、80%以上請求者9名=合計64名(97名中) 負担総額 7319万6364…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙ポスター代などを税金で負担する制度

今から9年前平成18年の茨城県会議員選挙には65議席に対し99人の候補者が立候補し、うち97人が選挙公営制度の適用を受けた。  ポスター代を条例に定められた単価と枚数(100万円を超えるような限度額)の上限満額で業者と契約して『地域印刷業界活性化に多大の貢献』を果たした候補者が37人いた。 又、連呼で走り回る選挙運動用自動車の燃料費につ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more