テーマ:政務活動費

制度と裁判・呆れた時間感覚

県公明党議員団が3月に、政務活動費を返還したと聞いて、一体どんな理屈をつけて返還したのか知りたいと資料を請求してみた。  すると返還する理由は何も書いてなくて 「収支報告書を修正のうえ」下記の金額を茨城県へ返還したいと存じます。」 、という素っ気ないものだった。 これでは万引きがばれたら金を払えばいいだろう、というレベルの話…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県公明党議員会・無条件全面降伏!

H27年度公明党政活費・返還請求全額を返還! 市民オンブズマンいばらき、が現在裁判中の「2015(H27)年度公明党県議団政務活動費の交通費不正取得事件」は、これまで提訴から書面の交換が続いていましたが、H30年3月に、公明党県議員会が返還請求額の全額を茨城県に返還したことが、この4月13日の期日に県側から明らかにされ終結すること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パブコメ

気持ちの上での足腰が衰えてしまい、何事にも消極的になって、暗く陰鬱な時間を送っている。 空は晴れても心は闇だ。 6月16日は政務活動費の裁判で水戸へ行き、半年振りに県庁に寄って来た。 県庁3階の行政情報センターには、予算書、決算書、各種統計データなど多くの資料があって自由に手に取れる。 老人は1兆円もの予算決算を理解できるようなス…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

キロ当たり37円・議員視察の車費用

取手市の飯島議員が、平成27年7月、原発事故で帰還困難区域の福島へ視察に行って、その旅費を鉄道利用だったとして政務活動費で落としたが、実際の移動手段はレンタカーだった為、金額において過剰且つ手段について虚偽で違法だったとして、訂正を申し出、相当金額を返還した。   このことはテレビでも報道されたらしく、議会ではけしからんとして議員辞職勧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

監査請求の意見陳述

26年度分の茨城県議会政務活動費について4月13日に監査請求を提出していたが、数字の打ち間違いや内容に不備と欠落があって補正が求められていた。 代表者が監査局と何度かやりとりした結果漸く要件が整って受理され、今回5月18日に補足的な意見陳述の機会が与えられた。    快晴の国道6号を駆け抜け、県庁23階へ何度目かの遠征である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県庁の食堂で考えた事

ここ何年か、年に数回水戸の県庁に行っている。  ナナハンで2時間以上はかかるから、傍から見れば物好きな、もっとはっきり言えば無駄なことをしているな、というところだろう。 自分でも激しくそう思っている。 資料が欲しくて情報公開の手続きなどに行くのだが、これまで5~6年、十数回か遠征していて県庁の食堂を利用したことは一度もなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

調査報告 こんなにひどい政務活動費の使い方

市民オンブズマンいばらきは、5月7日(土) 土浦で今年度の総会を開きます。 総会後、2:30~4:30を予定して茨城県議会の政務活動費について         こんなにひどい政務活動費の使い方 とする調査結果を報告します。   参加自由、参加費無料です。 是非足をお運び下さい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

監査請求

             県庁23階 監査委員事務局 25年度分に続き、茨城県議会の平成26年度分政務活動費について、『市民オンブズマンいばらき』は4月13日、住民監査請求を起動・提出しました。 26年度は全会派に対し約2億2900万円が交付されましたが、そのうち約5900万円には違法・不当な支出の疑いがあるので、知事が各会派と議員に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人知れず咲く花・・・

オンブズマン(もどき)が地域や行政に関わる時、声高な追及や急迫的な要請ではなく、願わくば事実に依拠した提示や穏健な質問と射程の長い提案となってやがて改革の実を結ぶような、緩やかで抑制的、建設的な関与でありたい。 ところがその起点になるべき行政の資料を求める時、住所氏名を記入しないとそれらの記録やデータは貰えない。  データを示し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県議会政務活動費・今年は1824万円を返還

25年度分として交付された政務活動費を47都道府県で、唯一全額使い切っていた事が、昨年夏、大きな話題となった茨城県議会の、26年度分の政務活動費収支報告書が閲覧可能になり、26年度は総交付額2億2920万円に対し、執行率が92% 2億1095万円で、使われずに返還された金額が1824万8128円だったことが判った。 前々年度分の使…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意見陳述  隠し砦の3疑惑人3

県議会の議員名簿によれば、島田幸三議員の御住所は小美玉市花野井872-5である。  氏が事務所と車を借りたとして政務活動費を4万円づつ月8万円支払っている(株)常陸開発工業の住所地番は 小美玉市花野井872-4である。見ての通り1番違い、地続きお隣である。 http://search.yahoo.co.jp/search?tt=c…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

意見陳述 隠し砦の3疑惑人 2

取手市選挙区の細谷典男議員は今回の選挙で残念ながら落選した。 自民党の鈍感議員や維新の党候補などより、余程ましだと思うがなぜか当選に届かなかった。  年末選挙から年が明けてその細谷さんの選挙運動費用収支報告書が県選管に提出されている。   閲覧するとそこには八王子在住のMさんから選挙運動用自動車を9日間9万円分無償提供を受けた事が記載さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意見陳述 隠し砦の3疑惑人

住民監査請求は地方自治法第242条によって規定され、違法不当であることを証する書面を添え監査委員に請求する事ができるとなっている。 老人たちは茨城県議会の政務活動費について調査し請求を起動した。242条の第6項には、「監査委員は(中略)監査を行うに当たっては、請求人に証拠の提出及び陳述の機会を与えなければならない」と言う規定がある。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

政務活動費の返還を求める住民監査請求

昨26年12月24日、茨城県議会政務活動費の支出を巡って「市民オンブズマンいばらき」は、住民監査請求を出すことになった。兵庫号泣議員の醜態を見た市民から  会のブログ へ、茨城県にも同様事例があるのではないか?という投稿もあり、8月から調査に着手、12月迄10数回水戸へ通って資料の読み込みを続けていた。 監査請求による公金の賠償請…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神達議員の『~弁護士に相談します』について

 余程暇なのか神逹議員は、拙ブログを訪ねてくれることがあるようで、 『万が一、事実無根の発信や、不正と断定するような記述があった際、又は正当な政務活動の妨げになった際には刑事、民事上の手続きを取るべく、顧問弁護士に相談』 するそうである。  ま、一種の脅しだ。 脅しのつもりらしい。 政治活動ではなく政務活動となっていて神達さ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

『賢い選択』と捜査権限の不行使

警察・検察が捜査権限を適切に行使すれば、茨城県会議員多数の政務活動費詐取は容易に摘発可能であるところ、議員の公金詐取常態化、議会事務局の当事者責任放棄、警察の捜査権限の不行使との間には腐りきった因果関係がある。 今をときめく県会議員様を名指しして一般市民が公金詐欺だ、などと叫んで刑事告発する事など普通はあり得ない。  しかし選挙が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

刑事告発

老人はお二人の県議に対し、政務活動費、人件費の支出について実態のある支出かどうか疑問があるので、雇用契約書などを見せて欲しいとお願いした。 しかし申し入れは受け入れられず、アルバイト従事者の名前などの公表は『控えさせて頂きます』という丁重なお返事が返って来た。 神達県議のお返事には、 『老人などのブログの情報発信に注目し…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

常総市選出神達県議の政務活動費人件費

神達岳志氏は常総市選出の県会議員だ。既に2期を経、今回3期目をめざす様だ。神達さんは平成25年度の政務活動費の交付を受けるに当たって人件費として201万6千円を支出したと報告した。   その報告に添付した領収書が独特だ。  氏が添付した領収書には支払いを受けたとされる政務活動従事者の住所が記載されていない。黒塗りされた名前と押印だけだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

言葉の食感→控えさせていただきます

朝日新聞の土曜版に『言葉の食感』という小さなコラムがある。 早稲田大学名誉教授の中村明さんが一寸した語感について蘊蓄を傾けているものだ。 11月22日には【言わせていただけば】と題して近年の→何々させていただく、という用法について、自分の都合で相手に迷惑のかかる場合に使われていたのに、今では低姿勢に出る場合に使われ、相手にとって好…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

偽造領収書の 2

ここに4枚の領収書がある。  石岡市選出の桜井富夫議員が政務活動補助アルバイトなどを雇用したとして、4人に支払った人件費の領収書である。桜井さんはこの領収書と、芸術的出来栄えと言ってもおかしくない程筆跡が酷似した数十枚のものを証拠として添付する事により25年度人件費分計1,856,000円の交付を受けた。  ↑4枚は自民党分の報告書ファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県政報告会・意見交換会→ゴルフ倶楽部でもやります

寿司割烹での県政報告会だけではなくゴルフカントリー倶楽部での意見交換会もあります.300円のお茶菓子付き。  これって支持者や、後援者、取り巻きへの饗応、接待じゃないのですかね?         クリックで拡大 政治活動、政務活動と名付ければ何でもありの呆れた支出である。 神棚、マグロ、ブルゾン… 何でもアリ 政治「私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県政報告会を寿司割烹で開催?

数日前の新聞の折り込みに、我がつくばみらい市から出ている鈴木亮寛自民党県会議員の新聞全紙大の広告が入っていた。選挙の事前運動なのだろうが、誰でもやっている事らしいので選管も見て見ないふりをしているらしい。 カラー版に笑顔が掲載されている。 氏は25年度の政務活動費報告書に、次の様な3カ月分3枚の領収書を添付して、政務活動費計6万円…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

偽造領収証

村上典男さんは笠間市から出ている茨城県会議員である。 既に2期目であり今回も再選を目指しているらしい。 村上さんが25年度に政務活動の人件費として計上し政務活動費の交付を受けた、とされる領収書の画像がここに4枚ある。 良く見て頂きたい。宛先である議員のお名前や、但し書き、領収したとされる補助員=アルバイトなどの署…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

1万枚の資料

茨城県会議員の政務活動費報告書閲覧を追行している。  9月25日に三定が終わったと思ったら、もう10月30日には四定が始まる。   今年は4年に1回の県議選なので、余裕もなく何かと忙しなく腰が浮いた第4回定例議会になるのだろう。開会中は事務局の仕事も多いだろうからと幾分遠慮していたが、こう続けて開会されるとそんな事に関わっていられず閲覧…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

政務活動費報告書閲覧調査・・茨城県議会

兵庫の号泣議員の醜態を追うように、この夏は各地の地方議員の様々な品行が市民の議論を呼んだ。  政務調査費から『その他活動』への使途拡大で政務活動費になってどう いい加減な支出が増えるか注目していた我々も、今回遅まきながら茨城県会の政務活動費報告書を閲覧することになった。 県庁へはこの数年何回か行っているが、県議会事務局へ行くのは初…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more